ブログ

優しい子になってほしい!

こんばんは!

リトリーブサイコセラピー

心理セラピストの なかた ひさのです!

 

秋も深まりはらはらと舞い落ちる葉の姿が、とてもきれいですね。

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

風邪など引いていませんか?

 

私は、先週インフルエンザの予防接種を受けてきました。

痛い注射はいくつになっても嫌なものですね。

歯を喰いしばってー頑張って来ましたよー(笑)

 

さて 記念すべき第一回目のブログです👏

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

親が子に「優しい子になってほしい」と願う事がありますが、、、

 

保育の現場でもよく親御さんから聞いたり、連絡ノートで目にしたりします。

かくいう私も我が子に対し、優しい子になってほしいと願っていました。

 

 

この、親が願う優しい子って??

みなさんはどんなイメージをお持ちですか?

 

スーパーで買い物中の母親と子供のイラスト

 

 

 

・動物を可愛がる子

・植物を大事にする子

・年下の子に優しく接する子

・友達の面倒見が良い子

・おもちゃを譲ってあげる子

 

などなど たくさんのイメージがあると思いますが、

 

親は子に『外側へ向ける優しさ』を願っているケースが多いのではないかと思います。

 

 

私は、物心がついた我が子に

よく泣き真似をして子どもの反応を見ることをしていました(>_<)

 

子どもはすぐに泣いている私の元へ飛んで来ては、

頭を優しく撫でてくれました(何が起きたのか分からず、不安いっぱいだったろうな汗)

 

そうやって、この子は優しい子に育っていると思い

安心を得ていたのです(ガーン)

 

これってなんか・・やっぱり・・違和感ありませんか?(汗)

 

だって 本来は・・・

 

小さな子どもは、親からいっぱい優しさを受け取るものなのに・・・

 

私が子どもに優しさを確かめ安心を得ていたなんて(涙)

 

しかしこれ〜

やったことある人って多いのでは??(安心するとこじゃない汗)

 

 

子どもにとって親の願いは絶対的であり

 

もしその子自身が、自分の思いを抑圧し、優しさを周りばかりに向けていたら・・・

 

それがその子のスタイルになってしまったとしたら・・・

 

 

・本来の自分の気持ちがわからなくなる

・自分の気持ちを大事に出来ない

・自分がしたい事よりも相手のしたい事を優先する

・自分はいつでも二の次

 

こんな他人優先の人生になりかねません(こわ〜)

 

これって↑ 親自身が他人優先の人生だから世代連鎖で起こりうる事なんです。

怖いと思いませんか?

 

「優しい子になって」は→

 

まずは『自分に優しい子になって』と、願うことが良いのではないでしょうか。

 

自分に優しく出来る人が、

自ずと他人へ優しく出来るのだと思います。

それには親自身が自分に優しく満たされていることが重要で、またそれを子へ伝えていくこと。

子どもに示していく事だと思います。

 

親は子の鏡ですものね。

 

私は今、自分を満たし優しくする姿を我が子に示せるようになりました!

(子はすっかり大人ですがw)

 

えっ?それがなぜ示せる様になったのか??

 

 

それは、私自身が他人優先。

ずっと生きづらさを抱えてきて

自分の心の中で起きていることに気づいていったからなんです。

 

 

詳しくは、またの機会にお話していきますね〜

 

 

最後までお付き合いくださり

ありがとうございました!!

 

 

それではまた〜