未分類

誰かに決められている人生・・・かも?

新年あけましておめでとうございます。

 

心の深い傷を癒し、人生を生きやすくするお手伝いをします。

 

リトリーブサイコセラピー

心理セラピストの なかたひさのです!

 

 

2019年☆ 幕開けしましたが、お正月はいかがお過ごしですか?

そして2018年は、どんな一年でしたか?

 

昨年大晦日に、明治神宮の大祓へ行って来ました!

大祓とは、新年を迎えるにあたり一年間の罪穢れを祓い清める儀式だそうです。

 

お友達が誘ってくれて、わたしは人生初の参列でした。

二十名以上の?神職がやって来て、おごそかに儀式が執り行われ、

身が引き締まり何かストンと抜け落ちた感覚がありました!

 

大祓後には、2018年最後のおみくじを引かせていただき

2019年のメッセージを受けとりました!

 

わたしの万事成功の秘訣のメッセージとは、、、

 

骨身をくだくような時でも、心はいつも落ち着いて

広く豊かに、ゆとりを持つように心がける!でした。

 

お言葉を肝に銘じて2019年も頑張りたいと思います!

 

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

*大祓式の待ち時間に見れた彩雲

 

 

 

 

 

さてさて、新年初のお話です。

 

あなたは、人生を見つめ直したり振り返ったりしたことがありますか?

 

そんな時、自分の人生って?自分の望む人生って?

 

これが私の人生?、、、なんて違和感を感じたことはありませんか?

 

 

 

あるHさんのおはなしです。

 

Hさんは、小学生の高学年の頃から保母さん(保育士)になりたいと思っていました。

 

なぜそう思うようになったのか、本人もはっきり分からずじまい。

 

なんとなく自分が1歳児の頃から預けられていた保育園の影響だろう、とか、

わたしは子ども好きな優しい子だから向いている、とか、

そんな程度に思っていました。

 

 

 

 

 

Hさん

 

常日頃、母親から

 

 

・手に職をつけなさい。

・看護婦(看護師)が良い。

・正規職員が良い。

・石の上にも三年 三年すら続かないのは根性なし。

・楽してお金は得られない。

・将来の不安がないように、ちゃんと働きなさい。

・自分(母)は、家の為にずっと働いてきた。

・苦労して来た。

・親に頼らず一人で頑張って来た。

 

など、こんなことを言い聞かされていました。

 

成長と共に母親の言い伝え通りの進路に進もうとしていたHさんですが、

自分には医療の勉強は無理であると思い込み

 

看護師ではなく

保育の路を選びました。

 

 

そして何の疑いもなく、自分で決めて歩んできた路だと思い続け、仕事をしてきました。

 

 

やがて 結婚し子どもが授かると、Hさんの母親に仕事を辞めてもらい

我が子を母親へ預けながらの生活となっていきました。

 

 

しかし母親に任せた安心感は、仮初めの安心感に過ぎず、

その頃から保育の仕事がきつく感じられるようになり、

昼食後には、必ず下痢を起こし身体も悲鳴を上げていました。

 

 

次第にHさんは、子どもなんて好きではなかった!

わたしに優しさなんてどこにもない!と、自分を責めるような事を思うようになり、

周りからの「優しい保母さん」「保母さん天職だね」の言葉にも息苦しさを憶えていました。

 

 

そしてこうしながら、生活には困ることはなかったにもかかわらず働き続けた人生。

 

 

それから月日は流れ、とあるきっかけから身体の不調がピークとなり

一度だけ保育の仕事から離れようと考えたのですが、、、

 

離れる時も一人では決められず、母親の意見を求めていました。

 

 

そして、一年強保育の仕事から離れたものの

結局また保育の現場へと戻っていったのです。

 

 

 

Hさんの人生いかがですか?

なぜHさんは、保育の仕事にこだわったのでしょうか?

 

 

 

そう、Hさんは母親に決められた人生を歩んでいったのです。

 

自分が好きで選んだ仕事だと思っていたのに、、、

 

実は、

 

・親が喜ぶ仕事

・親を安心させる仕事

・親が周りに認めてもらえるような仕事

 

 

ぜーんぶ親の為に選んだ仕事だったのです。

 

 

何てこった(ーー;)

 

 

 

はてさて Hさんのこのはなしは?と申しますと、

 

はい!!

 

紛れもなくわたしのはなしです(。-_-。)

 

 

自分で本当はどおしたかったのか?ではなく、母親が舵を握っていた人生行路だったのです。

 

うんもーここに、わたしが気が付いた時には衝撃が走りましたよ⚡️

 

 

だって50年以上も自分の思い描く路はなかったのですから、、、

 

 

・自分のやりたいことがわからない

・自分がしたい事よりあいての要求に従おうとする

・自分一人で決められない

・正しいことを探してしまう

・意見を求められると答えられまい

・仕事をしていると身体に不調が起こる。

・そもそも自分がわからない

 

 

そうなんです、上記の様な事がわたしに起こっていました。

 

もしもあなたにもこの様な事があるとしたら、

もしかすると、誰かに決められた人生を生きていないのかもしれませんね。

 

 

そして これを続けていて身体も心もボロボロになったまま

誰かが望む人生を生き続けますか?

 

そんな人生を歩んでいくことが、あなたの求める人生ですか??

 

 

わたしは、51歳の時に気づきを得て人生の生き直しを選びました✨

 

人それぞれにタイミングがあります。

 

いつからでも幾つからでも気づいた時こそ

 

自分の人生を生き直せる時なんです。

 

あなたも決して諦めないで下さいね。

 

あなたが、自分の人生を生き直したいと選択したならば

 

必ず解決は出来るのです!!

 

 

心の問題は

 

2019年もリトリーブサイコセラピーの

カウンセリングと個人セッションがお役に立てると思います!

 

どうぞ新しい年に一歩踏み出してみて下さいね。

 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

 

お悩みの整理にオススメな電話カウンセリング

↓↓↓

https://jnpta.com/telcounseling

 

 

お早めの問題解決には

リトリーブサイコセラピー個人セッションをご希望簿方は

↓↓↓

http://www.yourexcellence.jp/therapist