未分類

悲しみを感じきる!

こんばんは。

 

リトリーブサイコセラピー

心理セラピスト なかたひさのです!

 

毎日寒いですね〜ブルブル

北風が骨身にしみますえーん

 

それでも、この寒い時期ならではの良いこともあります。

 

それは、晴天だと車で帰宅途中の陸橋上から、

くっきりと浮かぶ富士山が拝めるんですーキラキラ

 

夕暮れ時は、更に美しさが増していて

 

今日は雲ひとつなく、とっても綺麗な富士山でしたよ富士山

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さてさて、

 

今日は、悲しみの感情・感覚をテーマにおはなししていきたいと思います。

 

 

人は、様々なことに感じて抱く気持ち(感情)があると言われていますが、

 

あなたは、どんな感情でも全て感じられていますか?

 

感情を感じられてこそ、生きている感があるのだと思いますが、

いかがでしょうか?

 

安心や幸福など良いとされる感情や

はたまた、苦しみや恐怖などのあまり良いイメージではない感情など

 

どんな感情も受け入れて、あなたは全て感じられていますか?

 

 

全て感じるだなんてガーン

いやいや〜

苦しいですよね〜

嫌ですよね〜

 

 

では今日のテーマの悲しみの感情はどうですか・・・?

 

あっ即答で感じたくない!と、聞こえてきそうですね(笑)

 

悲しみの深さは様々ですが、

生きている限り、人・生物・物などとの出会いがあれば

必ず別れもあり悲しみはやってきます。

 

悲しみは、苦しみや恐怖などの感情と同様

誰でも出来れば感じたくなんかないですよね。うんうん!!

 

わたしも、心理を学ぶ以前はずーっとそう思っていました(無意識で)

 

 

深い悲しみを感じる時って、

 

・胸がギッユと締め付けられている感じだったり

 

・涙が自然と溢れて流れ落ちたり

 

・悲しみの感情と共に意欲・行動力が低下したり

 

この様なことが起きやすくなります。

 

 

そして余りにも、、、あゝもうこの悲しみを感じたくない!!となってしまうと

 

・その悲しみに蓋をして、無いものにして感じないようにしたり、、、

 

・その悲しみを偽物の怒りの感情に変えてしまったり、、、

※心理用語では、ラケット感情といいます。

 

どちらにせよ、その悲しみに自分が飲み込まれないよう

自分を守るために、感じることを避け何も無かった事にする。

 

 

それは自分で自分を抑圧することになり、苦しくしてしまうという

ドツボにはまってしまうのですショボーン

 

 

 

悲しみを偽物の怒りの感情に変える!で、ふと思い出したのが、

 

ハワイ島キラウエアのハレマウマウ火口に住んでいると言われている

 

ハワイの神々の中で最も有名な女神ペレを思い出しました。

※ペレは、ハワイ語で「溶岩」「火山」の意味から名付けられているそうです。

 

 

 

ハワイの神話の中のペレ像

 

「あまりにも美しく、出会う全ての男を魅了してしまう」

 

「あまりにも身勝手で、思い通りにならないとすぐに火山の怒りを爆発させる」

 

「あまりにも負けず嫌いで、強い相手にもひるまず、弱い相手にも容赦しない」

 

 

ハワイの人々の信仰は、畏怖心だけではなく、

「奔放な美人」に対する憧れのようなものが、男女ともにあるようです。

 

     出典  火の女神ペレ  ハワイの神話と伝説より引用

https://www.legendaryhawaii.com

 

 

ペレ像からだけでも

かなり気性が激しく強い女性だと想像出来ますよね。

 

 

ペレの神話は、数多くありますが、

 

 

ペレには兄妹が多く妹に支配的で、

夫とは、愛憎に満ちた関係だったり、

姉の夫を誘惑したり、

最後は、姉と直接対決で死に終わりました。

 

 

まだ他にもありますが、

ペレは近しい人達に感情を爆発させていることに気がつきます。

 

そんなペレですが、ほんとうのほんとうのほんと〜のペレの気持ちは・・・・・・・・

 

 

深〜い悲しみを怒りに変えているのではないかと!?

 

 

そう「ペレの涙」と言われている

火山の爆発の際にマグマの小さな塊が固結したガラス質の粒(火山涙ともいう)が

あるそうです。 注・これを持ち帰るとペレの怒りをかい不幸になると言われているので、気をつけてね。

 

 

そしてペレは、深い悲しみを怒りに変えそれを、巨大なエレルギーとして、

 

多くの人々へ与へ、時を刻んでいるのではないかとわたしは思います。

 

 

 

さて、ここからはわたしの深い悲しみのお話を聞いて下さい。

 

ペレ繋がりなんですが、わたし趣味でフラダンスを習っています。

(ペレはフラを愛した神とも言われていて、ペレの怒りを鎮めるために捧げる感謝と敬意のフラの舞があります)

 

フラダンス(本来は、フラと言います)

ご存知ですか?

 

 

 

 

随分前になりますが、フラガールという映画。

 

福島県にあるハワイアンセンター現在は、

スパリゾートハワイアンズと言いますが、そこの創設のお話。

とても話題になりましたよね。

 

わたしは、この映画が話題になる一年位前に、

当時趣味悠々という番組で数週間で一曲を仕上げるフラレッスンの番組がありました。

 

そうです その番組をみて

これやりたい!!と直感的に思ったのがフラを始めるきっかけでした。

 

 

初めてのフラに、

楽しく通い始めて数ヶ月後・・・・・・・・

 

 

 

夫の死を迎えました(涙)

突然の別れでした(涙)

 

 

それはそれは、深い悲しみに陥りました汗

身が引き裂かれる思いでした汗

 

 

そして、、、

 

 

当時、その深い悲しみを忘れられたのが、

フラを踊っている時だけだったんですえーん

 

 

その時は、本当にフラに救われました。

 

 

でも今思うと、それは悲しみの感情に蓋をしていただけだったのです。

 

悲しみを感じ切ることがあまりにもきつかった(涙)

 

 

それから、何年も踊り続けましたが、

悲しみの根っこは深い傷をのこしたまま

 

身体には余計な力が入ったままだったので、

徐々に踊ることが苦しくなることもありました。

 

 

そんな時、リトリーブサイコセラピーの心理セッションに出会ったんです。

 

※リトリーブサイコセラピーとは

https://jnpta.com/retrieve-psychotherapy

 

 

そして悲しみの感情を解放し、悲しみを感じ切ることを行っていきました。

 

そうしていくうちに、身体の力が緩めるように体感感覚が変わり始めたんです!

フラの動きが自分の身体でしっくり感じられるようになったんです!!

 

わたしにとって、この感情と感覚の変化は人生そのものの変化でもありました。

 

そうなると、フラを踊ることは悲しみを埋めるものではなく

わたしのこころが喜ぶ自然な楽しみと変化しました!

 

今でも夫がいないさみしさはありますが、深い悲しみは

わたしの心の根っこには残っていません。

 

悲しくてどうしようもなかったら、

立ち止まっていい。

でも立ち止まったままではなく、

 

悲しみを感じ切る!!

 

怖かったり気になったりしたら、

 

一歩一歩・・・ずつ

 

 

そうしていくうちに、幸せな感情も思い切り感じられていくようになりますドキドキ

 

一石二鳥ですね。

 

 

あなたも 悲しみがあったとしたらその感情や感覚を無いものにせず

その悲しみに寄り添い感じ切ることを少しずつ始めてみて下さいね。

 

あなたにも感じ切る力があります!!!

 

 

本日も最後まで読んで下さりありがとうございましたラブラブ

 

 

お知らせです!

 

わたしが人生生き直せたリトリーブサイコセラピーの

創設者・カズ姐さんこと大鶴和江先生が

2/3(日)に東京で1DAY心理学&リトリーブオープンセッション

が開催予定です。

かなりオススメで人気の講座なので、残席あとわずかだそうです。

ご興味のある方は、ぜひ急いでくださいね!

 

tokyo-1day-2019

 

 

ではではまた〜