ブログ

「自己否定の前提とは?」

こんばんは。

心理セラピストなかたひさのです。

 

いかがお過ごしですか?

今日から7月ですね。

梅雨らしいお天気が続いていますが、

体調など崩されていませんか?

 

私は、しばらく引きずっていた風邪もおさまり

元気印で忙しくしておりますウインク

 

昨日は、上半期の大祓キラキラ

無性に神社へ出向きたくなり

愛宕神社へ行ってきました!

 

 

愛宕神社は、出世の石段が有名で

その階段を登ると高台にとても気のいい

空間が広がっています。

 

半年間の邪気を祓い、

また新たな半年間心理セラピストとしても精進して参りたいと

切に感じてきましたビックリマーク

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さてさて、今日のテーマは、

『自己否定の前提とは?』です。

 

あなたの前提て何ですか・・・?

あなた自身が、自分の事をどの様に解釈しているか?

 

 

例えば

  • わたしは、バカだからどうせ勉強をしても成績が伸びない
  • わたしは、そもそも人に嫌われているから人と関わらない
  • そもそもわたしの話は聞いてもらえるわけがないから話をしない
  • わたしには、行動力がないからなにも事も出来ない

 

赤文字の様に人は様々な前提を持っていますが、

 

上記の例はどれもこれもネガテイブで自己否定的な前提ですね。

 

自己否定の多いい人は

 

心の奥底に、わたしはダメで価値のない人間なんだという、

 

存在までも否定してしまう恐怖の思い込みの前提が

 

隠されていることが多いいのです。

 

 

日常で、こんなことないですか?

 

・何をしても自信がない

・自分がなんなのか分からなくなる

・自分の感覚が分からなくなる

・自分で何がしたいのか分からない

・意見を求められると頭が真っ白になって答えられない

・責任を持たされるとパニックを起こしやすい

・自分はいない方がいいと思っている

・認められたい承認欲求が強い

・居場所がないと感じることが多い

 

 

などなど

 

自分の考えや行動がとれない場面とか

自分がそこにいない感覚なんてありませんか?

 

上記のような事があるとしたならば

 

あなたの中にある前提の

 

自己否定が大きいのかもしれません。

 

では、なぜ自己否定が前提になってしまうのでしょうか?

 

 

リトリーブサイコセラピーでは、

幼少期の家庭環境の中で

 

親から受けた価値観などが

 

大きく影響していると

 

考えます。

 

 

では、どのような家庭環境で育ったのかを見て見ましょう。

 

例えば、

 

  • しつけの厳しい親に育てられた
  • 何をしても褒めてもらえなかった
  • 他人や兄弟を比較され続けた
  • 親がいつも子どもを罵倒していた
  • 虐待、ネグレクト

 

などなどまだまだありますが、

 

この様なことを幼少期に繰り返し経験してしまうと、

 

大人になって自分を大切にする感覚が乏しくなり

歳を重ねるごとに、生きる事に対して苦しさや

絶望感なども増していってしまいます。

 

 

そして、、、

 

自己否定

そもそも自分は価値のない人間である。

 

自分で自己否定の前提を持ちながら

生きていくことになりがちです。

 

 

 

では、よーーーく考えて見て下さい。

 

こんな前提って必要でしょうか?

 

そもそもダメで価値のない人なんているのでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・???

 

答えはNOですよね。

 

幼少期に親から前提を植え付けられて来たことが多いいのですが、

それは過去の出来事なので、

出来事事態や親を変えることは無理難題。

 

そのことが分かっていても持ち続けているということは、

 

紛れもなく自分自身でやっているの事なのですが、

 

 

それは何故かと言いますと・・・?

 

幼少期に感じていた感情が時を経ても

 

抑圧されたままだからなんです。

 

 

 

それと、例えばその前提でいることで、

 

親と繋がっていられるとか

親に見てもらえるとか

親に見捨てられずにいるとか

 

などの、大きなメリット(利得)を握りしめていませんか?

 

幼少期に欲しくてもらえなかった愛情を

未だ親に求めたり、

 

目の前の誰かに親を投影して

頑張り続けて

生きているのかもしれませんね。

 

でもそれをしていて、あなたは愛情豊かな幸せ

手に入りましたか・・?!

 

 

 

では、

今の生き方のパターンをやめたいと思ったとしたら?

どうしたら良いのでしょうか?

 

先ずは、あなたの気づきが第一歩になります。

 

自分で自己否定をしていることの自覚。

 

そして、現状の感情にアクセスして

 

あなたの今の感情に自分が寄り添ってあげて下さい。

 

例えばですが、

 

小さかった自分をぬいぐるみなどで見たて

 

自己否定の悲しい感情が出て来たら

 

「悲しいんだね」「側にいるよ」

「悲しみ一緒に感じるよ」と、

 

ただただ、感情に寄り添う。

 

そして、あなたの幼少期の未完了だった

 

親への感情が出て来たとしたならば、

その感情を大切に感じ切ってあげてみて下さい。

 

この時に大切なのは、

自分が自分を守ってあげるイメージで

してあげることです。

 

難しいと感じられるかもしれませんが、

 

コツコツと自分の感情をゆっくり感じてあげて下さい。

 

ポイントは、コツコツ!

毎日が効果的ですよ。

 

自分を自分で受け入れてあげて下さいね。

 

 

それでも自分で出来ない場合は

 

是非プロの手を借りてその前提を覆す。

 

もう、自己否定から抜け出しませんか?

 

リトリーブの心理セッションで、

 

心の根底の感覚・感情を見にいってみませんか?

 

あなたの前提を手放してみませんか?

 

 

本日も最後まで読んで下さって

ありがとうございました。

 

 

 

⭐️只今、7月の個人セッションとカウンセリングの

モニターさんの募集をしていますニコニコ

ベルhttps://ameblo.jp/choco7880/entry-12487421598.html

 

 

 

⭐️ツイッターもやってます♫

フォローしてねキラキラ

ベル

https://twitter.com/hisanon39

 

 

⭐️心理セッション

ベルリトリーブサイコセラピーとは?

http://www.yourexcellence.jp/psychotherapy/retrieve-psychotherapy