セラピスト紹介

心理セラピス
   なかた ひさの

埼玉県 心理セラピスト 
なかた ひさの 

              

両親・姉の4人家族。
自己肯定感の低い両親に育てられる。

父は、回避傾向が強く
一人孤独を選びギャンブル遊び。
家計が破綻するようなことはなかったが
父の存在が希薄な家に育った。

母・姉とガッツリの共依存関係。
常に人の下に入るポジションで、
自分が自分で分からない感覚があった。

自身の存在が希薄で、集団の中では

常に消えたい(=死にたい)という感覚があり

姿を消し不確かな自分で
生きづらさを抱えていた。

 

仕事・結婚・子育てに於いて、
母の思う通りの人生を自分で無意識に
選んで来た事が腑に落ち絶望。

又、夫の突然の死に戸惑い生きる意味や
子育てに疲れ果て、大きな喪失も抱えていった。

そんな時、
我が子の問題行動(以前はそう思っていた)に悩み
リトリーブの門を叩いた。
しかし、子の問題は自分自身の問題である事に気づかされ、困惑するも自己肯定感の低さ、
人生の生き直しに自分と向き合う日々を送る。

リトリーブの講座に通い始めると、
体の力が抜くことが出来る様になり、
生きやすさを自身の変化として
感じられるようになった。

そして更に心理を深く学び、
現在は生きづらさを抱えている人達へ、
自身の経験を生かし東京・東埼玉で活動している。

 

*リトリーブサイコセラピー
 基礎コース卒業
*リトリーブサイコセラピー
 プロコース(現在は、応用、実践コース)卒業
*リトリーブサイコセラピー
 ハイパーコース卒業

お申し込みはこちらから